Guide to Sense Of Wonderland

Sense Of Wonderland(センス・オブ・ワンダーランド)とは。

難波弘之とSense Of Wonder(センス・オブ・ワンダー)を応援する目的でファン数人の共同で作っている非公認のホームページです。難波弘之とセンス・オブ・ワンダーの情報をインターネットで探しても意外と少ないように思います。難波弘之の活動を応援し、また、ファンのつながりを作る助けになれば良いと思ってファン数人が共同でWebサイトを開設しました。

Sense Of Wonder(センス・オブ・ワンダー)とは。

難波弘之が 中心となって活動しているプログレ・バンドです。Sense Of Wonderの頭文字を取ってSOWと書くこともあります。バンドは基本的にはキーボードが難波弘之で、ドラム、ベースを加えた3人編成です。キーボード 中心のプログレを演奏します。叙情的な曲、力強い曲、ポップなボーカル曲が適度に混在しています。難波弘之以外のメンバーは何度か交代しています。ドラムは、そうる透、鈴木徹、小森啓資がいままで参加しました。ベースは、田辺モット、荻原元文、小室和之、根岸孝旨、松本慎二らが参加しています。人脈図のページでバンドに関係した人たちを見ることができます。メンバーのページには各メンバーの紹介があります。

難波弘之とSense Of Wonderの今までの活動。

難波弘之はソロ活動として1979年にセンス・オブ・ワンダーと云うLPを発表しました。当初はソロ活動としてLPの発表、ライ ブ活動をしました。1987年にSense Of WonderというバンドとしてSynphobeat(シンフォビート)を発表し、以後はバンドとして活動しています。ディスコグラフィーのページ、ライブの一覧のページをご覧になってください。

Sense Of Wonderの最近の活動。

現在は難波弘之、そうる透、松本慎二の3人編成で、2014年にはBARAKA PRESENTS PROG CHICKEN 2014に出演しました。
2015年は5月に京都、浜松、東京の3ヶ所をまわるツアーも行います。

現在入手できる難波弘之とSense Of Wonderのアルバム。


Childhood’s End~幼年期の終り~

Sense of Wonder(紙ジャケット仕様)

PARTY TONIGHT

飛行船の上のシンセサイザー弾き

真幻魔大戦 イメージアルバム

グリーン・レクイエム(紙ジャケット仕様)

eden

大原まり子 SOUND NOVEL 銀河ネットワークで歌を歌ったクジラ

GOLDEN☆BEST 難波弘之&Sense Of Wonder

 

 

Sense Of Wonderlandのホームページについて。

当初は Takashi Hasegawa が難波弘之とセンス・オブ・ワンダーの情報を集めたホームページを個人的に開いていました。その後、諸般の事情から一時閉鎖していました。1997年秋に KEN が京都RAGで Nuovo Immigrato のライブを見て感動したので、その感動を伝えたくて急遽 Sense Of Wonderland のホームページを開設しました。その時、Takashi Hasegawa が以前公開していたホームページのデータを借りて、一緒に公開しました。

その後、SOWのファンの友人の協力を得て膨大なデータを追加してホームページを充実させ、現在のホームページの原型ができました。

1998年の春にSOWが活動再開をしたのを期にデータがTakashi Hasegawaに帰って、現在は Takashi Hasegawa hasegawa@senseofwonder.org がホームページの管理・更新をしています。

ホームページを開いて以来、色々な方から御意見や情報を頂いて少しずつ内容が充実してきたと思います。御協力感謝いたします。しかし、まだま だ至らないところが多々あります。現在も、追加・改変して更新している途中です。修正すべき事、追加したら良い事など色々と教えて頂けると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA